小平治の着付けスクールの案内

着付スクール

 

浴衣を自分でおしゃれに着付けしたい!

振袖を着せてあげたい!

小平治デザイン巻き

家族の着付けを自分でしてあげたい!

小平治の着付けスクールで勉強しませんか?

 

自分で着物を着る自装。人に着物を着せる他装の、どちらかをお選び下さい。着物初心者や着付け師さん美容師さんへの個人レッスン教室です。趣味で着付けを楽しみたい方、着付けに興味のある方も是非お越し下さい。

 

とってもアットホーム

小平治夫婦

 

とってもアットホームで楽しく着付けを学んで頂けます。お気軽にお越しくださいませ。

特徴

崩れにくい着付け方法

体に優しくて崩れにくい腰紐を使った着付け方法です。補正用ガーゼ芯・ロング襟芯・小平治デザイン巻きなど豊富でユニークな内容です。タオルと綿とガーゼを使った補正方法も丁寧に教えています。

他の着付け教室にはない!

小平治は日々帯の結び方(巻き方)を研究しています。袋帯は、結ばず、ねじらず、仮紐も使わずにクリップ2個だけで仕上げていきます。小平治着付けスクールは、他の着付け教室にはない帯の結び方(巻き方)を勉強できます。(基本は関東巻きです。)デザイン巻きを作品集でご覧いただけます。コチラからチェック

 

小平治は厚生労働大臣認定の『一級着付け技能士』です。

着付けのプロを目指す方からプライベート目的の方迄、幅広く対応できます。

TV取材情報

NHKのCOOLJAPANでベストクール受賞

緊張のあまり何回もNGを出してる小平治
NHK CoolJapan(クールジャパン)で取材を受けました。

 

料金は標準的な価格

レッスン料は標準的な料金、予約も生徒様に合わせて行っています。お気軽にご相談下さい。

着付グッズや呉服の販売はしません。

着付けの勉強に集中できます。

レッスン料金(入会金不要)

浴衣又は、小紋着付け2回 10,000円(税込)
留袖又は、訪問着着付け2回 12,000円(税込)
振袖着付け2回 14,000円(税込)
花嫁着付け2回 16,000円(税込)
国家検定「着付技能士検定・1級2級」の実技試験対策レッスン 1回 8,000円(税込)

※1回のみのレッスンも承っております。  5,000円(税込)より。
※七五三・紋付袴の着付けレッスンも承ります。
※補正のみのレッスンや、小平治デザイン巻きのみのレッスンも承っております。
※帯の巻き方は、関東巻きです。
※レッスン料は、現金又は銀行振込で頂いております。

レッスン日

月曜日~日曜日の中で、レッスン希望日と時間を、メール又お電話等でお知らせ下さい。空き状況を確認後、メール等でご返答させて頂きます。
<例その1>〇月〇日の10:00~12:00 自装レッスン希望
<例その2>毎月第2金曜日の13:00~15:00 振袖レッスン希望   等

レッスンの時間

1回2時間です。
以下の中からお選びください。(途中休憩あり)

  • 10:00~12:00
  • 13:00~15:00
  • 16:00~18:00
  • 18:30~20:30

レッスンの場所

  • 小平治アート内(名鉄電車広見線「善師野駅」下車。駅まで無料で送迎します)
  • ご自宅等へ出張致します。出張料金は、愛知・岐阜・三重県内の方は無料。東海3県外の方は、出張料を頂きます。出張料金は、ご相談ください。犬山市以外は交通費を頂きます。
  • 交通費は、小平治が車で伺う場合でも、原則、公共交通機関の費用を目安に致します。
  • 小平治が車で出張レッスンに伺う場合、駐車場のご準備、又は駐車場代のご負担をお願い致します。(路上駐車はお断りしております)

 

レッスンの期間と回数

1回から、長期の方まで、ご希望に応じています。
原則、月2回(同じ日に2回もOK)の計4時間。又は、月4回の計8時間
※打合せの上、ご希望のレッスン日を決めさせて頂きます。

着付けスクールの様子

レッスン日の変更希望とキャンセルについて

  • レッスン日の日時の変更は、レッスン日の2日前までは受け付けております。
  • レッスン日当日のキャンセルは、返金できません。

ご用意して頂く物

  • 浴衣又は、小紋・留袖・振袖などの着物一式(持ち物は事前に説明致します。着物類の貸出を希望される方はご相談下さい。)
  • 和装小物(留袖として)
    肌襦袢、裾よけ、足袋、腰紐4本、伊達締め2本、帯板、帯枕、衿芯、草履、タオル6本位、ガーゼ5mくらい
  • 補正パット、コーリンベルトは使いません。
  • 着付ボディは無料でお貸し出しできます。
  • レッスン用にモデルさんをお連れになる方は、事前にお知らせ下さい。
    (1回 1,000円(税込)を頂きます)
 

 

 

小平治のオリジナル帯巻き

 

このページのトップへ